手出し口出ししないから面白い!

こんにちは

ママのイライラを笑顔に変える専門家
みほりん@村上三保子です。

こどもカフェは
ママの手出し、口出し禁止なのです。

かといって・・・

どこまで、好きにやらせたらいいのか・・
ママ達も、おたおたしております(笑)

2月のレッスンは、桜餅をつくりましたが・・
お餅はうすく伸ばして、フライパンで焼きます。

お手本は、4つ。小さいの。

5歳以上ならだいたいこんな感じ・・

よくある、こども料理教室の
かわいいね~~~~ってやつです^^

 

でも、こどもカフェは
2才からなのです。

こんな感じですよ。
全部くっついてる・・・(笑)
本人は大満足。←これ、めっちゃ大事


フライパンに入れてから、
ぐるぐるかき混ぜるから・・・
(笑)

でもね。
何を大事にしてるかって?

「こどもが自分でやりきった!」

と達成感を味わうこと。

それが、何よりの自信になるんです。

最近、大人でも自信のない人、多いですよね・・
それは、謙虚を美徳とする日本文化だから?

いやぁ
なんか違うな。

なんでも、上手にやろうとしすぎなんです。
やりながら、修正しながら、学び
身に着けていけばいいことを・・

前もって、

ま・な・ぼ・う・と・し・す・ぎ!!

自信をつけるための勉強なんていらない。
自信は、気づいたら持ってるものだから。

子どものチャレンジを
2才ってこんなことするんだ~~~って
楽しんでほしい。

こどもカフェ歴が長くなってくると、
普通に作る5歳を見て

なんだかおもしろくないと言うママがいるw

子どもにしたら失礼な話なんだけど、
2才のはちゃめちゃの可愛さを受け入れてきてるから。
きっと、そう思うんだね。


フライパンの中でぐるぐる混ぜながら
できた桜餅は、もちろん細々だけど・・

そんなことは関係なく。

集中しまくって、作ってる・・

ここに、口出し手出しする必要性は
全くない。


時には、ミルフィーユの桜餅になっても。
それを見守るママのまなざしがあたたかい。

そして、そんな時間が親子の絆になる。

子どもは、自分の小さいころの話を聞くのが大好きです。

もう少し大きくなったら・・

「細々になった桜餅を一生懸命巻いてたよ」

「あんこと餅を交互に重ねて、
ミルフィーユ桜餅をつくってたんだよ」

って。

話してあげてね。

 

3月のこどもカフェは
全日程満席です。

4月のレッスン募集開始は
3月2日(土)21時~です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

みほりん